色白の人にとってムダ毛を脱色することで目立たなくする処理方法は、毛を抜いたり剃ったりするときに生じる肌への刺激や摩擦といった負担を減らす事ができ、見た目も自然であることはメリットと言えるでしょう。むだ毛専用のブリーチであれば、肌への負担が考慮されていますので、全身に使用することが可能です。しかし、あくまで毛の中の色素を抜いてしまうので、強い薬剤であることは間違いありません。肌に合わない場合は、ただれてしまったり、炎症を起こしてしまう原因になるでしょう。

せっかくのむだ毛処理なのに、治療するのに時間もお金もかかったとなってしまっては、残念としか言いようがありません。また、色白の人であっても日の当たる具合などによって、金髪が存在感をあげる事も考えられます。

毛自体は無くなっていませんので仕方ありませんね。最大のデメリットとしては、毛が成長して新しく色の濃い毛が伸びてくるとまだらになってくることです。金髪にする前よりも、不自然で目立ってしまうなんてこともあり得るのです。こういったメリット・デメリットを理解して、ブリーチでのむだ毛処理を検討してみてくださいね。

医療レーザーと脱毛サロンの光脱毛って完了後の効果はそんなに違うの?

医療レーザーと脱毛サロンの光脱毛は仕組みとしてはほぼ同じです。光の力を使って、皮下にある毛が生み出される部分に作用することで、繰り返し生えてくる毛のサイクルを弱めるのです。医療レーザーは、脱毛サロンの光脱毛に比べて出力が大きいところが最大の特徴です。医療機関で使用できるレーザーは、脱毛サロンで使われる光脱毛の機械よりもかなり大きな出力なのです。出力が大きいために、作用も強いとされています。

より、脱毛の効果が得られやすいのですが、人によってはさほど変わらない効果である場合もあります。サロンなどで効果が薄いと感じた人は、より出力が高い医療レーザーで脱毛することは、良い選択かと思います。しかし、光脱毛で十分に満足できるのであれば、医療レーザーに挑戦することもないでしょう。

脱毛をする人の体質や状態によって、その効果はまちまちで、一般的には効果が高く持続性のあるのが医療レーザー、痛みが少なく費用も手ごろでそれなりの効果が期待できるのが光脱毛と言われています。それぞれ効果以外に費用や痛みなども違ってきますので、自分に無理のない脱毛方法を選択することをお勧めします。

海水浴前のむだ毛処理は何日前からやると丁度いいの?

いよいよ明日は海水浴!処理してからすぐに生えてくるむだ毛には前日の処理を心がけている人もいるでしょう。むだ毛が伸びる速度は人それぞれなので、中には当日に処理しないと目立ってしまう、なんていう人もいるかもしれません。前日や当日に処理するのは、確かにむだ毛自体は目立たず効果的かもしれませんが、実はカミソリなどで処理をした場合は、肌がテカテカして明らかに処理しました!とバレてしまいやすいものなのです。

摩擦によって、こういった現象が起こるので、テカリを抑えたい時は前々日くらいに処理するのが良いのですが、そうするとむだ毛が成長してしまうという、何とも悩ましげなものです。海水浴ですから、肌にトラブルを抱えてしまっても面白くないですので、除毛クリームやブラジリアンワックスなどによる、即効性があり、摩擦による肌への負担が少ないタイプのもので処理してはいかがでしょうか。これであればある程度の期間はむだ毛が目立ちませんので、数日前に処理しても問題ないのです。数日前から処理を行えば、うっかり処理を忘れた部分にも対応ができますしね、余裕をもって処理を行ってください。