脱毛すると毛が濃くなる硬毛化現象が出たらサロンとかで保障されるの?

脱毛を行う時、毛根の細胞などに作用するものが、時に力を弱めるのではなく強めてしまう事があります。こういった影響で脱毛前よりも毛が太くて強く濃い状態に見えるようになってしまう事を、硬毛化現象と言います。硬毛化現象は決して頻繁に起こりうるものではありませんが、全くないとも言い切れない現象の一つです。人間の体はとても複雑にできていて、個体差が大きなものです。ある人には脱毛効果が十分に感じられても、ある人には硬毛化といった逆効果になってしまう事もあるのです。こういった現象があることが確認されているため、脱毛を行う脱毛サロンや美容クリニックなどでは、保障の対象となっている場合が多いものです。契約の際の内容に記載されてあるか確認しましょう。保障の内容としては、硬毛化現象が確認されてから1年間の脱毛が無料といったサービスで補われることがほとんどです。料金が返ってくる場合もありますが、基本的には脱毛が目的なのでサービスで補償されても問題ないでしょう。サロンの中にはj保障の対象としていないところもありますので、契約を結ぶ前にきちんと確認することをお勧めします。

肌が弱いけどむだ毛処理したいのですが、どんな方法がおすすめ?

肌が弱い人であろうとも、むだ毛を処理したいという気持ちは同じように持つものです。肌の状態にもよりますが、あまり肌が弱い場合は自己処理はおススメできません。カミソリや毛抜きでは、肌へ摩擦や刺激が強すぎてトラブルの原因になりますし、除毛クリームも肌に合わなければ肌がただれてしまうことも考えられます。高性能の家庭用脱毛器は照射のし過ぎという可能性を秘めていますし、ランニングコストも高めなのでお勧めしません。肌が弱い人は、医療機関で脱毛をするのがベストでしょう。医学的観点から脱毛方法を選択してもらえますし、万が一トラブルが起こった時には、すぐに対処できます。弱い肌のために外用薬や投薬治療をしている場合でも、脱毛が安全に行われるかどうかの正しい判断をしてもらえるからです。医療機関での脱毛は若干費用が高めになってしまいますが、肌が弱いと分かっていながら、脱毛によって肌トラブルを抱えてしまってはせっかくの脱毛も面白くありませんね。無駄な治療費をかけないためにも、初期費用を出し惜しみしないのは得策かもしれません。

http://全身脱毛札幌完全ガイド.jp/